PR

刺繍糸の収納方法

embroidery thread-ic

刺繍糸の在庫が増えてきたので、収納方法を見直してみました。

フェルト生地の収納方法についてはこちら。

スポンサーリンク

見直し前

ネットで紹介されていた「台紙に巻く」「三つ編みにする」などをいくつか試してきました。

こんなイメージです

しかし私の場合は、作品を作り終えた後に残る糸の長さがバラバラになります。

そのため上記の方法だと、使ううちにごちゃごちゃになってしまいました。

見直し後

そこで、こちらのSIKIRI20を使用しました。

¥110 (2024/02/29 10:28時点 | 楽天市場調べ)
\楽天ポイント5倍セール!/
楽天市場で探す
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピングで探す

SIKIRIシリーズはその名の通り仕切りの数によっていくつか種類があるのですが、この20分割されているタイプが一番使いやすいと思います。

私はダイソーで購入しましたが、同じく100均のセリア、キャンドゥ、ワッツでの販売もあるようです。

刺繍糸を一枠に一色ずつ入れました。

この方法のメリットは

  • 使いたい色を探しやすい
  • 在庫がすぐ分かる
  • 色番号のラベルを一緒に入れることで、次に同じ色を買う時に迷わない
  • 持ち運べる
  • 重ねて収納できる

などがありますが、使いかけの糸も一緒に入れておけるのが一番のメリットだと思います。

デメリットは

  • 刺繍糸の種類が多いとケースが大量に必要
  • 廃盤の可能性がある

くらいでしょうか。

面倒くさがりなので、使い終わったらその色の枠に入れるだけでいいのと、糸を無駄にせず使えるところが気に入っています。

もし刺繍糸の収納方法に迷っていたら、案の一つとして参考にしてみてください。

手芸あれこれ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
あまなつをフォローする
*あまなつのフェルトキッチン*

コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました