PR

フェルトで作るお弁当のご飯

フェルトで作るお弁当のご飯アイキャッチ

フェルトで作るお弁当のご飯のレシピです。

こちらで紹介しているお弁当箱にぴったり収まるサイズになっています。
あわせてご活用ください。

最後のアレンジレシピには、他のおかずと一緒にお弁当箱に詰めてみた写真も載せています。
ぜひご覧ください。

  • 型紙、レシピの取り扱いについてははじめにをお読みください。
  • パーツ同士を縫い合わせるときはブランケットステッチでおこなっています。
  • 一般的な25番刺繍糸で、縫い合わせる時は1本取り、刺繍は3本取りにしています。
  • 洗濯できるよう、断面に厚紙は使用していません。膨らみが気になるようであれば、必要に応じて厚紙を入れてください。
スポンサーリンク

作品名&必要な材料#

作品名パーツ名必要なサイズ:数フェルトの色刺繍糸の色
梅干しご飯お米①6.5×10.5cm:2枚
お米②3×30cm:1枚
梅干し5.5×5.5cm:1枚
エビ炒飯お米①6.5×10.5cm:2枚うすベージュうすベージュ
オレンジ
黄緑
お米②3×30cm:1枚うすベージュ
炒飯①3.5×3.5cm:3枚オフ白
炒飯②3×3.5cm:3枚オレンジ
炒飯③2×2cm:3枚黄緑
※作り方ではパーツ名を青字で示しています。

お子さまのために作る場合は、フェルトや手芸わたは洗えるタイプにすると清潔です

刺繍糸はこちらを使っています

型紙のダウンロード

作り方

梅干しご飯

1.フェルトに型紙を写して切る。

2.2本取りの刺繍糸で梅干しの外周に粗めのなみ縫いをする。

3.2に綿を詰めて糸を引き、玉止めをする。

4.3の裏側から針を刺し、ランダムに縫う。最後は糸を強めに引いて玉止めする。

わざとジグザグにしたりフェルトを捻るようにして針を刺すと、いい感じにできます

5.お米①に4を縫いつける。

6.もう1枚のお米①お米②を縫い合わせる。

7.お米②の端同士を縫い合わせる。

8.5と7を縫い合わせる。最後は4cmほど残して綿を詰め、残りを縫う。

完成です!

エビ炒飯

1.フェルトに型紙を写して切る。

炒飯①炒飯②は、各1枚ずつ反転したものを用意します

2.炒飯①炒飯②を縫い合わせる。この時、外側は縫わないでおく。

3セット用意します

3.お米①に2を縫いつける。最後は2cmほど残して綿を少しだけ詰め、残りを縫う。

4.炒飯③の外周に粗めのなみ縫いをする。

5.4の糸を引き、何度か針を刺して一度玉止めする。

6.3に5を縫いつける。

7.もう1枚のお米①お米②を縫い合わせる。

8.お米②の端同士を縫い合わせる。

9.6と8と7を縫い合わせる。最後は4cmほど残して綿を詰め、残りを縫う。

完成です!

アレンジレシピ

おかずと一緒に、お弁当箱に詰めてみました。

コメント

ブログランキング・にほんブログ村へ PVアクセスランキング にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました